安全に海を楽しむ

費用はどれくらいなのか

費用はどれくらいなのか ダイビングを楽しんでみたいけれども、一体どれくらいの費用がかかるのか気になっている人もいるでしょう。体験ダイビングにおいては、1回の潜水で1万円という費用がおおよその相場感です。1日コースの場合、1回ではなくお昼休憩を挟んで2回潜る場合もあるでしょうが、その場合はだいたいこの2倍になると思っておけば良いでしょう。もちろんこれよりも高いところもあれば安いところもあるでしょうが、ダイビングというのは素人的に考えているよりもずっとリスキーなレジャーですから、あまりに安いところは命のことを考えれば決してお勧めはできません。
一方、同じ費用の話をしても、体験として潜るのではなく、ライセンスを取得するためにはどれくらいの費用がかかるのかに興味関心がある人もいるかもしれません。ダイバーのライセンスは細かく種別が分かれていますが、最も簡単なオープンウォーターの場合、7万円から8万円前後というのがだいたいの相場感と思っておけば良いでしょう。

必要となる機材などについて

必要となる機材などについて ダイビングの際には様々な機材が必要になります。素人的に考えても、スーツやマスク、スノーケルなどが必要なことは分かりますが、他にはどのようなものがあるのでしょうか。実はこれが結構細かく、一つ一つ挙げていくと優に10点は越え、20点近くになるかもしれません。
中でもダイビングにおいて機能的に重要とされるものがBCDと呼ばれる機材です。これはBuoyancy Control Deviceの略で、浮力調整器といった意味になりますが、その名前のとおり水中で動きやすいように、勝手に浮かび上がってしまったり逆にどんどんと沈み込んでいったりすることないよう浮力を調整するための装置です。ジャケットと一体化されて見えることも多いために、外見からするとそんな装置など積んでいないように見えるかもしれませんが非常に重要なものです。
また、ダイブコンピューターと呼ばれることもある、残酸素量とか水温、水深、潜水時間などを表示する腕時計タイプの機材も、小型ではありますがダイビングには欠かせないものになっています。